Amankay について
はじめまして
メンバー・プロフィール
南米の楽器
今までのイベント
スケジュール
CD リリース
今月の写真(掲載分)
写真集
お問い合わせ
携帯からはこちらへ

Amankayとはアンデス地方に生息している黄色い水仙のことです。インカ帝国のケチュア語で、この花のことをさし、「アンデスの花」という意味です。

幅広いラテンアメリカの音楽を提供したいと思い、南米音楽(フォルクローレを含む)のみならず、メキシコ音楽、サルサまで ラテンに関わる音楽をできるだけ多く提供したいという想いから結成されました。私達は日本の皆さまに「ラテンの心」を音楽を通 じて伝えたいと考えています。

エルナンデス兄弟は10代の頃からフォルクローレ音楽を演奏し、初来日は1991年で、関西で活動を始めたのは1998年からでした。多くのグループと共に活動をしてきましたが、今回エルナンデス兄弟で関西全域で活動中です。

Amankayの花です♪

フォルクローレとは

日本ではフォルクローレとはアンデス音楽のことを さしますが、本来の意味では伝統的な習慣や風習を研究することです。
つまり、アンデス音楽のみならず、すべての民謡や民芸品、民族的なことを追求することをモットーにしています。

アンデス音楽のみならず、ラテン・アメリカ全域の音楽を演奏することです。しかし、南アメリカの伝統楽器(ケーナ、サンポーニャ、チャランゴなど)を使いながら クラシック、ジャズ、モダン音楽などインターナショナル・ミュージックを演奏する試みもしております。
Amankayの花です♪
アマンカイのホームページへ 

Amankay へのご質問、ご案内は こちらまで                    (C) Amankay 2004